London Fashion Week: The MAN show

By Isabelle on September 24th, 2007 6 comments

manshow.jpg

MAN is the menswear show resulting from the partnership between Fashion East and Topman. The designers making it onto the catwalk this season were British Menswear Designer of the Year Kim Jones launching his KJ by Kim Jones range, Cassette Playa and Topman Design with Aitor Throup showing his collection through the means of an installation.

aitor.jpg

First up, Royal College of Art graduate Aitor Throup who presented a haunting installation in the foyer before the catwalk show. Entitled "The Funeral of New Orleans" it told the story of the destruction of New Orleans by hurricane Katrina in 2005 using clothes as a metaphor. The story played out thus – five members of a traditional New Orleans marching band are caught up in the disaster and must protect themselves and their instruments in order to survive. The musicians represented the city and the instruments the city’s musical heritage – the concept being that New Orleans must build on it’s musical heritage to move forward. The garments, consisting of ingenious transformable outerwear, link the two. Jackets and shirts adapt to protect from the elements, built in gloves are revealed and sculptural details on the jackets detach to form cases for the individual instruments. Other features included articulated visors and trousers incorporating shoe covers- designed to deter shoe thieves who stole from the evacuees forced to sleep rough.
Through video, music, lighting, sculpture and clothes elements of fashion, art and current affairs were brilliantly combined in one of the most thought-provoking shows of the week.

kimjones.jpg

Onto the catwalk show. Kim Jones, known for his refined, casual clothing presented a collection that mixed elements of razor-sharp tailoring, sporty tees and shorts, laid back denim and light knits. The palette was a restrained combination of dove grey, white, beige and Oxford blue, punctuated at the end with an acid yellow shorts suit.

casette.jpg

Next up, the work of Cassette Playa aka designer Carrie Munden aka Carrie "Mundane". According to the press release "this season’s gang of pixel warriors have evoked the power and taken the colours of sacred rainforest frogs". Hmmm… in other words if your computer-gaming addicted rude boy got hold of some mind-expanding frog poison this is probably what he’d wear. To my mind the opening outfits of super-baggy shorts, tees and hoodies in faded, bleach-splashed pastels, emblazoned with the new frog motif were the most successful elements of this collection. For the rest- although the pixilated prints and bleeding eye graphic are indeed Munden’s signature it would be great to see her try and take this cult label into new territory with something different. 

topshopman.jpg

Last but not least, Topman Design. Though this is obviously a commercial focussed collection, the universal appeal of suits with clean lines and fine silk shirts were set well against more directional outfits. Fine, oversized knits, preppy shorts and jacket combos and nod to the future with glazed nylon parkas made this another solid Topman show.

  • anonymous

    Can someone please explain to me what relevance this has to real men’s fashion and what style conscious men actually pay money for over the counter? I go to this show every season and it seems to exist to satisfy a certain London PR company and a few obnoxious fashion idiots. Cassette Playa is of course a complete joke with an unbelievably short shelf life and despite the awful prints has anyone noticed the clothes are terrible? Kim Jones is completely over-rated, although no doubt in with the right crowd, and wins the shameful prize for the worse bum bag ever invented. Aitor Throup’s nausea inducing video seemed to take influence from Hurricane Katrina…could fashion stoop any lower? Needless to say can’t wait for next season!

  • poppy112

    バーバリーバッグが製造する上質な革バッグ、バーバリーシャツを、メーカー直販価格でお届けいたします。お求めやすい価格で、バーバリーアウトレットはさまざま高級商品を備えます。バーバリーバッグ や女性向けの可愛いバーバリー財布など手作り革製品のオンラインショップです。全品送料無料で非常にやすいです。
    人気の海外バーバリーブランドのバーバリーシャツを数多く取り揃えております。勿論全品本物保障!全国迅速発送!
    ネットで商売しているバーバリーバッグは汚れるものなので何枚あっても重宝しますので、贈り物として喜ばれています。

    みなさんは、バーバリーアウトレット 、と言われた時、どのようなイメージが思い浮かぶでしょうか。
    バーバリーのバーバリー財布 とは、その集団を表す象徴と言っても過言ではありません。
    ひと目で印象を左右し、記憶に残りやすいものだからこそ、既製品ではなく、こだわりを持ったオリジナルなデザインにしたいものです。
    しかし、そのようなバーバリーシャツ を、自分達だけで作れるでしょうか。

  • poppy112

    バーバリーバッグ現在のデザイナーはクリストファーベイリーです。上質なベーシックアイテムに、スポーティーな要素をバランスよく挟み込むのが得意。
    バーバリーバッグ は各界から深く愛され、元英首相ウィンストンチャーチル、作家コナンドイル、喜劇俳優ピーターセラーズ、女優キャサリンヘプバーン、ラッパーのジャルールら数々の著名人が愛用した。映画『ティファニーで朝食を』でオードリーヘプバーンが着用している。日本でも、宝塚歌劇団の男役がしばしば舞台上で着用している。
    バーバリー(Burberry)はイギリスを代表するファッションブランドの一つです。

    バーバリーアウトレット が奇抜過ぎて印象が悪くなってしまったり、自分達のイメージを体現したデザインでなかったりしてはせっかく作っても意味がなくなってしまいます。
    また、見た目はもちろん大切ですが、デザインにばかりこだわってしまい、機能性が失われてしまう心配もあります。
    例えば、フロアを行き来したり、機器を扱ったりする際に動き辛くては、折角のバーバリー財布 の良さも半減してしまいます。
    そんな問題を解決してくれるのが、オーダーのバーバリーシャツ です。

  • poppy112

    バーバリーが好きなのですが、ブランドモロ出しが好きではないのでさりげないバーバリーを使用しています。
    当方のお気に入りは(バーバリーバッグ に限りますが)全体がほとんどフラットなカーフでラインのように幅4~5cmでノバチェックが見えるようなデザインの物です。
    日本国内で販売されているバーバリーはライセンス契約を結んで日本でデザイン、生産をしている完全なメイドインジャパン製品で、英国のバーバリーとはまったくの別物です。
    特にバーバリーシャツがとても人気がありますよ。耐久性についてはあまり考えたことないのですが、汗などで痛まないように小まめに洗濯したり、ハンガーの干し方に気を使ったりすれば大丈夫ですよ。

    オリジナルなバーバリーアウトレット を作れることはもちろんですが、市場動向の調査からノウハウを生かした提案まで、プロにお任せすることができれば安心です。もちろん、自分達の要望もしっかり主張できますから、バーバリー財布 を図りながら、満足のいくバーバリーシャツ を一緒に作っていくことができます。
    自分たちのイメージをオリジナリティで表現し、ブランド力の向上に一役買ってくれることでしょう。

  • poppy112

    1856年イギリスハンプシャー州でトーマスバーバリーによって創立されたバーバリーは、150年以上経った今でも世界中から深く愛されるファッションブランドです。 
    その代表とも言えるベージュのトレンチコートやバーバリーバッグや、「ヘイマーケット」または「バーバリークラシック」として知られているチェック柄など、いつの時代でも飽きのこないシン
    プルかつ洗練されたデザインで、各界の著名人や、セレブ達を魅了し続けています。
    特にバーバリーバッグ がとても人気がありますよ。耐久性についてはあまり考えたことないのですが、汗などで痛まないように小まめに洗濯したり、ハンガーの干し方に気を使ったりすれば大丈夫ですよ。

    バーバリーアウトレット を通販で買うのをためらっている人の心配は値段もあるのでしょうか。
    普通のお店だったらセールをやっていたり、値引いていたりするものもあります。
    通販でバーバリー財布 を買うと、結局損をしてしまうのではないかと心配する人がいるかもしれません。
    しかし、それは心配要りません。通販はセールだってやりますし、常に割引率が高くお安く売っている所もあります。
    自分の足でお店を廻るのには限度がありますが、バーバリーシャツ ネット通販で購入すれば、自分の住んでいる県以外だって、とてもじゃないけどいけない場所にだって交通費をかけずにたどり着く事ができます。

  • poppy112

    バーバリーバッグはアパレル系とは違ってバリエーションがどうしても少なくなるので同じようなデザインが定期的に繰り返されることが多くなりがちです。
    時々よく似たデザインを見かけるというのはそういう理由です。
    日本人的にはやはりいかにもバーバリーバッグ というデザインが好まれるので登場回数が少ないのでしょう。
    まったく同じデザインというのは無理でも、似たようなものならそのうち回ってくる可能性はあるんじゃないですか。
    バーバリーの製品が底抜けに上等なので、見るだけで気持ちが安らぎます。

    しかも、バーバリーバッグの値段が安くなっていたりする場合もありますので、通販を利用しない手はありませんよね。
    通販でバーバリーアウトレット を購入するのはとってもお得な事が多いのです。
    自分で見て、試着して購入する派の人は、通販では絶対に購入しないと言っている人も多いです。
    そういう人にも一度通販でバーバリー財布 を買ってもらいたいですね。
    バーバリーシャツ は他の洋服と違って、シルエットも素材も想像がつきやすい場合が多いです。
    奇抜なデザインのものはあまりありません。




©2012 Shiny Digital Privacy Policy
-->