Let The Right One In: Teenage vampires inspire ‘vintage’ looks

By Colin Chapman on April 16th, 2009 2 comments

Let_the_right_one_in.jpgWhilst a pre-pubescent teen may not be the obvious inspiration for a menswear blog, the styling details in Swedish art-house vampire stunner Let the Right One In are so, well, stunning that they couldn’t go unmentioned. Lead character Oskar, works the tucked in boots look so well it makes a grown man feel inadequate. Such insouciance! The padded jackets, tone-matched sweater and scarf combos, not to mention the awesome blonde, feather cut-hair are enough to make me want to venture into the smelly world of vintage clothing. Well, almost.

These boots by Margiela are what Oskar would wear. At over £400 they’re definitely beyond his pocket-money but I reckon you could turn up something similar if you can face the vintage trawl. Match with plum cords and a sweater in this season’s blue for a Spring take on that 1970s Swedish vampire-fancier look.

PS. the film is highly recommended if you’re wondering what I’m on about. Let the Right One In is at cinemas now.

Boots: Margiela at OkiNi, cords: American Apparel, sweater: Peter Werth at ASOS

  • Brinna

    AH! thank god I’m not the only one who thought so! great post.

  • poppy112

    バーバリーバッグはアパレル系とは違ってバリエーションがどうしても少なくなるので同じようなデザインが定期的に繰り返されることが多くなりがちです。
    時々よく似たデザインを見かけるというのはそういう理由です。
    日本人的にはやはりいかにもバーバリーバッグ というデザインが好まれるので登場回数が少ないのでしょう。
    まったく同じデザインというのは無理でも、似たようなものならそのうち回ってくる可能性はあるんじゃないですか。
    バーバリーの製品が底抜けに上等なので、見るだけで気持ちが安らぎます。

    しかも、バーバリーバッグの値段が安くなっていたりする場合もありますので、通販を利用しない手はありませんよね。
    通販でバーバリーアウトレット を購入するのはとってもお得な事が多いのです。
    自分で見て、試着して購入する派の人は、通販では絶対に購入しないと言っている人も多いです。
    そういう人にも一度通販でバーバリー財布 を買ってもらいたいですね。
    バーバリーシャツ は他の洋服と違って、シルエットも素材も想像がつきやすい場合が多いです。
    奇抜なデザインのものはあまりありません。




©2012 Shiny Digital Privacy Policy
-->